茨城の海水浴場でおすすめの人気ビーチは?高速でアクセスしやすいのは?


毎年、多くの海水浴客でにぎわう茨城県の海水浴場。


数あるビーチの中でも高速道路をおりてアクセスしやすく、利用しやすいおすすめの海水浴場をご紹介します。


都心方面から、栃木から、群馬からと毎年たくさんの車が茨城の海を目指してきます。


行きも帰りもスムーズに目的地まで行けると気分もテンションもあがりますよね。


茨城の海水浴!!海開きももうすぐです^^

高速道路を使って快適なドライブと海水浴を楽しみましょう~

スポンサーリンク
 
 

茨城の海水浴場でおすすめの人気ビーチはどこ?

茨城県を走る高速道路でメインとなる高速は「常磐自動車道」になります。


まずは、この通称「常磐道」のインター出口からアクセスしやすいおすすめの海水浴場をご紹介します。


・久慈浜海水浴場

常磐道-日立南太田ICから車で約10分

海開き(予定) 2018/7/14(土)~8/19(日)
海の家 2軒
更衣室 1カ所
シャワー 冷水 2か所
トイレ 2か所
監視員います。

駐車場料金 (350台)
普通車:1000円
中型車:2000円
バイク:200円

茨城県日立市の南部に位置する海水浴場です。

遠浅のビーチで、波も穏やかな海です。
ビーチも狭くなく、広いので混雑時でもテントやシートを広げるスペースは十分あります。

比較的すいているビーチだと思います。

駐車場からビーチ、海の家ととにかくこじんまりしているもの便利で全てが近いところにあるというのが魅力的でおトイレも駐車場の所にあります。

公共のシャワーも(もちろん無料です)駐車場内の入り口付近と出口付近と混雑時には二か所にあるので特に待たされることもありません。

駐車場の入り口を出たすぐのところにある方のシャワーは右手側におトイレもあります。
ただ、ここのシャワーを使う時には車の出入りもあるので気を付けてくださいね。

久慈浜海水浴場

ビーチと海の家と駐車場とトイレ。

動線が近いので遊びやすいのが魅力的な穴場の海水浴場です。

我が家も毎年行きますが駐車場は週末やお盆休みの時期、晴天の時など9時過ぎには満車になることもあるので朝はのんびりしないで早めに行動してくださいね!

駐車場は24時間開放されているので、管理人のおじちゃんとおばちゃんがいなくても停めることは可能です。

無料で停めること可能か?と言ったらそれは違くてね・・・夜間は料金は払わないけれど、時間になると駐車料金を徴収にきてくれます、ハイ。しっかりしています(笑)

2018年7月29日(日)は
第61回日立港まつり 花火大会が開催されます。


追記:こちらの「久慈浜海水浴場」ですが、2017/7/19の10時ごろにサメが目撃されているとの情報から昨シーズン中は防護ネットが設置されました。サメの騒ぎでの遊泳禁止にはなっておりません。水温等の基準値での遊泳禁止や遊泳注意は例年通りです。

こういったニュースも突然飛び込んでくるので、遠方から遊びに来られる方は最新の情報をチェックしてからの方が安心です!

もしもの時でも近くにはいくつも海水浴場はあるので旅行を取りやめとかまではしなくていいかと思います♪


次に紹介するのは

・伊師浜海水浴場

常磐道-日立北ICから車で約8分

海開き(予定) 2018/7/14(土)~8/19(日)
海の家 1軒
更衣室 1カ所
シャワー 冷水 1か所
トイレ 1か所
監視員います。

駐車場料金 (370台)
普通車:1000円
中型車:2000円
バイク:200円

こちらの伊師浜海水浴場の駐車場の開放時間は
平日-午前8時30分~
土日-午前7時~

茨城県日立市の北部に位置する海水浴場です。

白い砂浜と海水のきれいさで有名ですね。

すぐ近くには国民宿舎で日本一の人気の「鵜の岬」があります。

それと同じに日帰り温泉の「鵜来来(うらら)の湯十王」があり海で遊んだあとに温泉にゆっくりとつかって帰ってこられるのも魅力的です。


距離的に言うと、日帰りで遊ばれるのならば都心方面から来られる方で高速道路を利用するとして近いほうでオススメなのは
久慈浜海水浴場になりますね。

のんびりとご飯も温泉もつかってとなると伊師浜海水浴場でもいいかと・・・・とは言っても伊師浜海水浴場も高速だとチャッと行けちゃう距離だと思います^^



最後にご紹介するのは

・大洗サンビーチ

常磐自動車道→北関東自動車道→東水戸道路経由で
水戸大洗ICから約15分

海開き 2018/7/14(土)~8/19(日)
海の家 6軒
公共無料シャワー 
公共トイレ 
監視員います。

駐車場料金 (7000台)
普通車:1000円
大型車:3000円
中型車:1300円
バイク:400円
徴収時間 
平日-6時~15時まで
土日-5時~15時まで

大洗サンビーチは全国でも毎年海水浴客が多いことで有名な遠浅のひろーーーーーいビーチです。

混雑もしますが、ビーチがものすごく広いから海の家も充実していて6軒はあります。


「ザ・海水浴」って感じのビーチで人も多くて夏を思いっきり感じて味わえるのではと思えるビーチです。


遠浅で波も穏やかではありますがサーファーも多いことで有名ですから若い世代が波にのったり、泳いだり、浮き輪になってプカプカと思いっきり遊ぶのに適したビーチかなと思います^^

とにかく広いビーチなのでワクワク感も高いと思うんですよ♪

ただね・・・・・・
駐車場からビーチまでが若干遠いんですーー

延々と歩かされる感覚に(^^;
と、言っても5分~くらいなんだけど。

大人はそこまで苦痛にはならないけど、小さい子供さんはウンザリするかも・・・ま、ここが難点な海水浴場ですw

そのかわりに見えてきたビーチは広大でテンションはあがるのまちがいないですよ♪

スポンサーリンク

大洗サンビーチでも日帰り温泉の「潮騒の湯」の先にある第2サンビーチの駐車場はビーチに近く目の前に駐車できるスペースがあったと思います。

大洗でおすすめ日帰り温泉施設は?サンビーチに近いのはここ

第2サンビーチ側の駐車場が空いていたらそちらに停めた方が楽かもしれません。

こちらの駐車場も24時間開放ではありますが海水浴場がオープンしている期間は朝のうちに車を停めておいても、時間になると管理人さんが駐車料金を徴収にきてくれると思います。


・大洗海水浴場

同じく「水戸大洗IC」から車で約15分でたどり着けるのが
大洗海水浴場

名前は似ているけど違います。
大洗サンビーチと大洗海水浴場でちがいますからね~。

海開き 2018/7/14(土)~8/19(日)
海の家 2軒
公共無料シャワー 
公共トイレ 
監視員います。

駐車場料金 (1000台)
普通車:800円
大型車:2460円
中型車:1020円
バイク:330円
徴収時間 
平日-7時~15時まで
土日-5時~15時まで

こちらはアクアワールド大洗に近い海水浴場になります。

こちらは駐車場がとても広いんですが海水浴場の目の前であまり歩かなくてもよい「こどもの城」付近の駐車場に停められるといいですね。


ここのビーチは岩と岩にはさまれた海水プールみたいで泳ぐというよりかは魚や磯場にいるカニなどを見つけて遊んだほうが楽しめる感じです。

子供さん連れだとより楽しく遊べると思います♪


最後にご紹介するのは

・阿字ケ浦海水浴場

常磐自動車道→北関東自動車道→
常陸那珂道路→ひたち海浜公園ICから車で5分

海開き 2018/7/14(土)~8/19(日)ライフガードがいる監視期間
海の家 2軒
公共無料シャワー 
公共トイレ 
監視員います。

駐車場料金 (200台)
普通車:1000円
中型車:2000円
バイク:500円
徴収時間 
平日-7時~15時まで
土日-6時~15時まで

国営ひたち海浜公園近くの海水浴場です。

阿字ヶ浦海水浴場のビーチはとても広く弧を描くように約1.4kmにわたり続くんです。

砂浜も広く、海水の透明度も高くて茨城の海でも大洗の次に人気のビーチです。


子供さん連れのご家族連れも多いですが、遠浅のビーチではないので子供さんと一緒に海で遊ばれるときはくれぐれも気を付けてくださいね。


このビーチの駐車場もビーチの目の前にあることで夏休み期間中は朝早い時間から満車になることが多いです。台数もそんなに多くはないですしね。


ただ、現地情報ですが^^阿字ヶ浦海水浴場の近くは民宿や旅館が多いことでそちらの駐車場に車を停めることも可能なので(有料ですけどね)
海岸に近い場所で呼び込みをしていたら停めちゃってもいいと思いますよ。

阿字ヶ浦海水浴場では周辺に国営ひたち海浜公園もあるので海だけではなくて遊園地で遊ぶことも遊園地じゃなくても無料の遊具で遊んだり、デートしたりもできちゃいますね♪

★茨城県の海水浴スポット&宿泊情報はこちら楽天たびのーと★

さいごに

高速道路からアクセスしやすい茨城の海水浴場を私目線ですがご紹介してきました。


人気のあるビーチは大洗や阿字ヶ浦ですけど、私的には久慈浜や伊師浜は混雑といっても人気ある大洗の混雑とはちがい比較的すいている方だと思いますし穴場的な場所で思う存分海水浴を楽しめるビーチだと思います。


この記事を読まれた方はこちらも読んでいます。
大洗の海水浴で子供が楽しめる海岸は?混雑度と海の家と駐車場情報も!


水の事故と交通事故にだけはとにかく気をつけて楽しい海遊びを満喫してくださいね~♪

今夏、茨城北部の海をたのしまれてくださいね~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ