土浦の花火大会は穴場スポットでこどもと一緒にたのしもう!


茨城県の秋の風物詩と言えば・・・

毎年開催される

「土浦全国花火競技大会」です。

花火大会当日は

土浦市内の混雑は避けられない・・とか

早く帰りたいのに駐車場から車がだせない・・とか

家に着くのはいつも真夜中になってしまう・・

などなど・・・

聞いているだけでも

「うう、すごいな・・」と(^^;

そこで。

今日は、帰り道も比較的車でもスムーズに流れる道路の近くと言うか

おすすめの穴場スポット

子供と一緒に花火を楽しめる場所をご紹介していきますね

スポンサーリンク
 

土浦の花火大会の穴場スポットはどこ?

第87回土浦全国花火競技大会

日程:2018年10月6日(土)
時間:18:00~20:30(荒天延期)
開催場所:桜川畔(学園大橋付近)
駐車場:有料と無料合わせて5000台

と、言うわけで。

こちらの紹介する穴場スポット的な場所と言うと花火大会の打ち上げ会場からはすこし距離があるのですが

・霞ヶ浦総合公園


こちらは花火大会当日の臨時駐車場にもなっていますが、会場から一番はなれていますので帰りの渋滞にも巻き込まれにくい場所となります。


駐車台数も約600台ですので、他とくらべるとまだすこしだけど余裕がありますね。


この公園から見える土浦の花火大会の花火のサイズは小さくなりますが子供といっしょだとゴミゴミした河川敷で花火を見るよりは気分的にも楽ではないでしょうかね^^

当日は午前中の早い時間に車を停めて公園内でのんびり遊んでいられるのも子供にとっては飽きずにいられて良いのではないかなと思います。
車で来た時の帰り道の心配される渋滞も会場から離れているため巻き込まれにくいので一押しの穴場スポットです。

と、言っても近年は穴場だったけれどだいぶ浸透してきて早いうちに行ってないと駐車台数が埋まってしまう可能性もありますので早めの行動をした方がいいかもしれませんね。



・いばらきコープ土浦センター裏の空き地

スポンサーリンク

こちらは上記の霞ヶ浦総合公園よりも会場にはちかくなりますが、霞ケ浦総合公園よりかは花火はキレイに見られる場所になります。



・上高津貝塚ふるさと歴史の広場


こちらも当日の臨時駐車場になっており約100台の車を停められますが近年は穴場スポットというのも浸透してきて朝9時からの駐車場開放の時間にはすでに待機している車も目立ってきています。

早い時間に到着しておきたいところですね。

花火はキレイに見られますし、会場にも徒歩30分ほどで行きやすいと思います。

ただ、この広場からの帰り道は多少の渋滞は覚悟していただいた方がいいです。

あとですね、この「貝塚ふるさと歴史広場」よりもさらに土浦全国花火大会の会場方面へと車をすすめますと住宅地が見えてきます。

こちらは本当に知る人ぞ知る情報になりますがその住宅地で民家の方が臨時駐車場をだして料金はもちろん取られますが駐車場を貸し出してくれていることもあります。

ちなみに料金は2000円くらい。
でも、会場にはより近くなりますし、看板がもし見えてきたら車を停めさせてもらうといいかもです。

会場までも徒歩15分とうれしい場所です。

こういった民家の方が貸し出してくれている駐車場などは土浦全国花火大会が始まる直前の夕方に行っても駐車できたという口コミもありますので、当日ギリギリで花火大会に向かわれる事情の方などはのぞいて?見るのもいいかもしれませんね!

土浦花火大会

会場近くで迫力満点の花火を見ることにこだわらないのであれば、今言ったような少し離れた穴場的なスポットの「上高津貝塚ふるさと歴史広場」付近や「霞ヶ浦総合公園」付近がおすすめだと思います。

関連記事
土浦花火大会は雨天時にはどうなるの?天気によって延期?中止?

土浦花火大会に車で行くのは大丈夫?混雑度と駐車場情報!!

さいごに

少しですが、花火大会当日の穴場スポットをご紹介させていただきました。

当日のイメージは少しはつかめましたでしょうか?

花火大会ってワクワクして

「こどもにもぜひ見せてあげたい!!」って思いますよね。

でも、混雑を考えちゃうと、パパとママは頭がイタくなるところです(^^;

すこしでも参考になれば幸いです。

お気をつけて行ってらっしゃーい^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ