淀川花火が見れるおすすめの場所はここ!子供と一緒に穴場で見よう!


大阪の夏の風物詩、「なにわ淀川花火大会」
毎年、ものすごい人出ですが穴場スポットというものはあるもので^^

お子さんが一緒だと混雑もできるだけ避けたいし、おトイレも気がかりだし、とにかく気を付けたいことはたくさんあります。

そして、ママもパパも疲れない程度に花火大会を楽しみたいですよね。
今日は、そんな家族連れのあなたに「なにわ淀川花火大会」が見られるおすすめの場所、穴場スポットをご紹介していこうと思います

スポンサーリンク
 

淀川花火が見れるおすすめの場所はどこ?

第30回なにわ淀川花火大会

日程:2018年8月4日(土)
時間:PM7:40~PM8:40
会場:新御堂筋淀川鉄橋より下流国道2号線までの淀川 河川敷
雨天決行 荒天中止
※花火が打ち上げられる場所の両岸はほぼ全体にわたり交通規制が行われます。

第30回なにわ淀川花火大会 公式サイト

オープニングからドカンと魅せるなにわ淀川花火大会。
せっかくなので子どもと一緒に最初から花火を見たいですよね♪

だけど!淀川花火大会が行われる近くの河川敷で見ようと思ったらすごい人出で子連れには要注意なのです・・・

迫力満点なのは間違いないですが、
「そこまで迫力満点じゃなくてもいいし」
「子供とゆっくりのんびり花火を楽しめたらそれだけで満足♪」

とかって、とってもいいと思いますよ^^大切なのはいっしょに花火を見にきたっていう思い出ですよねっ^^

花火を見るための人出がすごくて混雑がものすごくて、花火の楽しさよりも混雑の方が記憶にある・・・・
なんてなりたくないしね(笑)

私も子供と一緒に雰囲気を味わって楽しめればいい!すこしでも喜んだきキラキラした顔が見られたらそれで良い!!
そんなタイプです♪


では、早速。


そんな私たちにおすすめのなにわ淀川花火大会のおすすめ観覧場所をご紹介していこうと思います。


①梅田スカイビル空中庭園展望台
梅田スカイビル最上部の空中庭園展望台は
「梅田を中心とした景色が一望できる」と、
国内外の多くの観光客が訪れる人気スポットです。


この梅田スカイビルの空中展望台からは淀川花火大会の会場がすぐ近くということもあり、迫力満点の花火を見上げるのではなく、花火と同じ目線で臨場感たっぷりに楽しめちゃうんです。


8/4(土)の淀川花火大会の日は特別営業で3部制で展望台の入場が制限されます。

「誰でも入れるの??」と気になるところですが梅田スカイビル展望台に入るためには専用のチケットが必要になります。


当日は3部制で、
第1部 9:30~18:30(最終入場:18:00)
第2部 19:00~21:00(応募受付期間:7月15日(日) ~ 29日(日))
第3部 21:00~22:30(最終入場:22:00)

スポンサーリンク

この第2部19:00~21:00のチケットが必要です。
ちょうど花火大会の時間帯なので専用のチケットがないと入場はできません


チケットぴあで抽選式の事前販売になるんです。


数年前までは先着順だったんですけどね、今は抽選式になってしまいました。


応募受付開始は2018年7月15日です
空中庭園の公式サイト「チケットぴあの特設ページ」から申し込んでくださいね。


料金は、空中庭園展望台の入場券の料金になります。
・大人   1000円
・中高生  700円
・小学生  500円
・幼児   200円
・シニア  800円

この抽選にあたれば最高の花火大会を快適に満喫できちゃいます^^


耳寄りな情報として、
当日8/4は梅田スカイビルでは「梅田七夕」というイベントもやっています。
七夕飾りも楽しむことができます^^


もちろん、おトイレにも困りませんね。


食事に関してはカフェもありますが空中庭園のレストランは予算も高めです。


お食事については梅田スカイビル地下にあるレストラン街を利用してください。
ファーストフードから和食、しゃぶしゃぶ、らーめんと子供連れでもOKなお店ばかりです。


梅田スカイビルの空中庭園は赤ちゃん連れの方や小さいお子様連れにおすすめです。



次にご紹介する淀川花火大会の見られるポイントは・・・
②本庄公園付近
花火の打ち上げ会場からは東側に位置する公園です

周りに高層の建物がなく、花火を視界からさえぎるものもないです。

周辺にはコンビニエンスもありますから、レジャーシートを持ってご飯を持ってのんびり花火鑑賞するのもいいですね。

おトイレも公園内にありますが、コンビニでお買いものついでのおトイレも可能ですね。

最近は穴場と知れ渡るようになり、今年の状況は分かりませんが混雑気味でも少し早めの到着でゆったりと見ることが可能だと思われます。

ここは家族連れが多いのもポイントですね。
屋外ですし虫刺されとかも気になりますが子供が騒いでも多少は気になりませんから、幼稚園~小学生以上の子供さんと一緒の方におすすめです。



次にご紹介する淀川花火大会の見られるポイントは・・・
③淀川河川公園 海老江地区周辺
駅から近いので、帰りの混雑に巻き込まれることもなく、疲れ知らずで帰れるポイントです。

こちらも穴場スポットが徐々に知れ渡り最近は人の流れも多いですがゆったりと座って鑑賞できますのでレジャーシートも忘れずに持参した方がいいですよ!!

駅から向かわれる場合は夕方の早い時間から飲食物を買っておトイレもすませてから向かわれるといいですね。

例年、周辺に仮設トイレの設置はある予定です。

駅からは約20分ほどはあります。
・最寄り駅 阪神野田駅(梅田会場側)、JR環状線 野田駅、JR東西線海老江駅

さいごに

なにわ淀川花火大会、ほんとに混雑、混雑で2016年は約55万人の人出でした。

行きはいいですけど、帰りは通常で約15分で駅までたどり着くところを1時間~2時間かかっちゃいます。

気長にのんびりと花火大会に臨まれてくださいね^^

梅田スカイビルの空中庭園のチケットは7月中旬の発売ですからお忘れないように
申し込まれてくださいね~

無事にGETできますように・・・・^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ