多摩川花火大会を子連れで見るときの穴場は?電車の混雑度も知っておこう!

川崎市制記念 多摩川花火大会
毎年とても人気のある花火大会です。

会場が東京側と神奈川側との県境の場所で
打ち上げ花火も2会場の2か所で同時に行われます。

花火を見られる場所も、とても広い範囲で見ることができ、
そのせいもあってか例年おおくの人がこの花火大会を
楽しみにしておりとても賑やかな花火大会となっています♪

今日はそんな川崎市制記念 多摩川花火大会を子連れでも見られる
おすすめ穴場スポットをご紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

多摩川花火大会を子連れで見るときの穴場スポットは?

川崎市制記念 多摩川花火大会

日程:2018年10月13日(土)
時間:18:00 ~ 19:00 花火打ち上げ

※荒天中止・順延なし

会場:多摩川河川敷
・川崎側(右岸)川崎市高津区
・東京側(左岸)世田谷区
(国道246号線二子橋~第三京浜道路)

お問い合わせ先
サンキューコールかわさき TEL:044-200-3939
(当日の開催可否)テレドーム TEL:0180-99-3932
(企業・団体協賛関係)(一社)川崎市観光協会 TEL:044-544-8229

川崎市制記念 多摩川花火大会は、
多摩川が流れる世田谷区(たまがわ花火大会)と
川崎市(川崎市制記念 多摩川花火大会)で同時に行われる
2つの花火大会のうちの1つになります。

毎年、8月に開催されていましたが2018年からは秋に開催ということで10月に花火大会をやることになったみたいですね!

しかも打ち上げ時間も一時間繰りあがってますから多摩川花火を見に行く方は時間を間違えずに気を付けてくださいね!!

そりゃそうだよね、夏は18時だとまだまだ明るいけれど10月になったら暗くなるもんね

子供連れで花火大会を見に行くならば少しでも時間が早い方がいいですよね(^^)

この花火大会の日は花火打ち上げ会場も世田谷区と川崎市の2つの会場で観覧できるんです。

すごいですよね~2つの花火大会が同時開催って贅沢だわー
とても楽しみですね~^^

なんかね、混雑するのは東京側の世田谷区の会場の方になるようですが
基本的にどちらの会場も人出はすごく、混雑もかなりスゴイです。

まあ、珍しいですからね同時開催って。

混雑するのは必至ですよね。

でも、小さい子供とか赤ちゃん一緒だと人ごみはスゴく気を使いますよね。

迷子もそうですけど、おトイレ、食事、グズグズと飽きたらどうしようか・・・・などなど。

キレイな花火をなるべくストレスなく見せてあげたいなあと。

というか、親が(私が)ストレスなくみたいなあと(^^;

毎年の状況で変わってくるとは思いますが、
少しでも混雑がゆるく、
子連れでも見られるおすすめの穴場スポットご紹介して行こうと思います。

南武線 久地駅
向の岡工業高校付近の河川敷
パターゴルフ場付近の河川敷
ボーイスカウト宇奈根キャンプ場の河川敷付近

久地駅は人出も少ないけれど、
コンビニがあったり、出店がでていたり(少ないけど)
おすすめの穴場スポットとなります。

久地駅北側を出てすぐの商店では
花火大会に合わせた出店をだしており
食べ物を買って河川敷へ向かわれるといいと思います。

河川敷まで行く途中にもコンビニと出店が(今年も出ていれば)
ありますので食料の調達とおトイレはすませておくといいかもです♪

スポンサーリンク

河川敷までは住宅街を抜けていくので
ちょっと不安になるかもですが(^^;

河川敷まで来ると花火鑑賞の人もけっこういるようです。

花火が終わった後の帰り道も
駅までの混雑もなくストレスなく帰ることができるようです。

この場所からは、世田谷で開催されている
「たまがわ花火大会」の花火の方が手前に大きく見えて
奥の方に川崎市の「川崎市制記念多摩川花火大会」の
花火がキレイに見えます。

2つの会場の花火が同時に見られる
おすすめの穴場スポットですね。

本当は小さい子供さん連れだと
屋内の建物の中で虫に刺される心配もなく
花火を楽しめた方がいいかなと思うけど、

「川崎市制記念 多摩川花火大会」付近は
高層のビルなどもなく、マンションが立ち並んでいるので
どうしても穴場スポットというと、河川敷がおすすめとなりますね。

でも、子供は臨場感たっぷりに
「ドーーン、ドーーン」と
大きな音と花火が見えた方が興奮するかな^^

のんびり寝転んで花火を見ることもできるから
レジャーシートや虫よけスプレー、長袖のは織物など
用意されておくといいですね。

特に今年からは秋の開催だから夜は気温は想像よりも低くて体感温度も低そうですよー

ちなみにね、穴場スポットよりも、
会場付近の方が屋台も出ているし、
安心して観覧できそうと考えている方は

・川崎側ですと、下流の第三京浜付近がおすすめです。
夜店も多いですし、上流で打ち上げられる世田谷区の花火も良く見えます。

ここからは「川崎市制記念 多摩川花火大会」の花火の方がよく見えます。
南武線「武蔵新城駅」から徒歩25分ほど歩きます。
ちなみにこの駅のホームからはキレイに花火が見えるそう・・w

多摩川花火大会の電車での混雑は?最寄り駅の場合は・・

「川崎市制記念 多摩川花火大会」は

川崎側の最寄り駅が
東急田園都市線「二子新地駅」
二子新地駅からだと、下車してから徒歩15分で会場近くへ行けます。

東急田園都市線「高津駅」
高津駅からだと、下車して徒歩25分で会場へ行きます。

有料席もある上野毛会場付近への最寄り駅は
東急大井町線「上野毛駅」
上野毛駅からだと、下車して徒歩8分(ち、近い・・)

東急大井町線「二子玉川駅」
二子玉川駅からだと、下車して徒歩9分(近い・・)

駅から河原までは近くて魅力的ですけど、
この駅周辺の混雑度はスゴイです。

ツイッター上でも毎年「二子玉川駅までの混雑がひどい」
なんて言われていることが多いくらい

例年、2つの会場を合わせると約70万人の
人出のある花火大会ですから駅周辺の混雑は想像以上にすごそうです(^^;

花火大会が始まる前は、場所取りと言っても
時間はバラバラで人の流れも分散されますが

帰りは「どうしようもない」ですよね・・・

会場付近で観覧されるかたは
混雑も覚悟のうえで来場したほうがいいかもですね・・。

もしかしたら上野毛会場付近の方が
駅までの道のりも近いことからタイミングを失敗!?しなければ
混雑から脱出できるのも早いかもです・・

ちょっと分かりませんが、この辺は・・。

さいごに

人出もすごいけど、河川敷が広いからか
場所取りまでしなくても花火が見られることは見られるこの花火大会。

会場が2カ所ということで穴場スポットも多いですね。

基本的に多摩川の下流の方の河川敷だと人ごみも緩和されるようです^^

夏の風物詩から秋の風物詩になった・・多摩川花火大会

実は、あるサイトでは「川崎市制記念 多摩川花火大会」は
全国で一番人気のある花火大会にランクインしているんですよ。

やっぱり2つの花火大会が見られるからなんでしょうか・・

露天も200店舗でると公式では言ってますし。

子供と楽しむには最高の思い出が作れそうな花火大会ですよね♪

花火大会でお子様と楽しい思い出作りをしてくださいね

参考にしていただけたら嬉しいです♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ