手がかゆい原因はなに?ストレスによるもの?薬は何をつかう?

手がかゆくなる

私も同じように「手がかゆい」「皮がむける」「ブツブツができてくる」「手がかゆい」
この繰り返しで毎日を送っています。

もう~本当に厄介ですよね。

毎日の炊事、洗濯と山ほどこなさなくちゃいけないことあるのに、手が思うように使えないと大変(;_:)

で、手がかゆくても痛くても毎日の主婦業をこなすから治りも悪くて、なかなかスッキリしない。

なんなんでしょうね、この「手のかゆみ」

この「手がかゆくなる原因」をしっかりとみていかないとな!と思って今日は「どうして手はかゆくなるのか」をまとめました。

スポンサーリンク
  

手がかゆい原因はなに?

手がかゆい原因



手湿疹

一番多いのは「手湿疹」と呼ばれる手荒れになります。
水仕事のおおい主婦がよくなることから「主婦湿疹」とも呼ばれています。

水や石鹸、洗剤などですね。
これらを日常的に頻繁に使う環境だと(お仕事先が飲食店などの場合も)手指の皮脂が失われて、バリアなしで裸になったむき出しの皮膚に刺激が加わることで炎症部分が広がり、ひどい手荒れをおこしてしまいます。

<症状>
手に湿疹ができてかゆくなります。
悪化すると小さな水泡ができ痛みを伴います。水泡がやぶけると出血してかさぶたになって、そこからまた出血と・・。
どんどん荒れた部分が広がっていきます。


慢性湿疹

名前からして治りにくそうな皮膚病ですよね(^^;

何かしらの刺激をうけた皮膚にブツブツや水ぶくれができ、強いかゆみがある状態の「急性湿疹」
かくことによって赤くなり、皮膚が乾燥して厚くなるを繰り返し、硬くなった状態のことを「慢性湿疹」と呼びます。

<症状>
手のかゆみは部分的に起こり、比較的一時的なものが多く、軽い症状ですみますが名前の通りで長くつづいてしまいます。


掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)

難しい名前ですね~
読めませんっ(笑

季節関係なく、年間を通して症状があります。
キレイになったかと思ったら、また出現と繰り返す特徴があります。
金属アレルギーや粘膜への細菌感染が原因のことも。
虫歯になって、銀歯を入れている方はそれも

<症状>
手のひらと手首に膿がたまった「膿疱」という黄色い水泡のようなものができます。足にもできることがあり、土踏まず、踵の外側などに湿疹ができることも。


手水虫(手白癬・てはくせん)

そのまんまです。「みずむし」。
手にできる水虫です。
水仕事をしている方に多いです。

<症状>
かゆみはそこまで強くなく、しろくて硬いかさぶたのようなものが出来ることも。


汗疱
夏場に多くできるものです。
原因は不明です。
お医者さんでも、「汗が悪さしている」ということも。

<症状>
小さい水疱がたくさんできて、時間が経つと水泡が破裂して皮膚がガサガサになります。毎年繰り返すけれど、自然軽快します。


「手がかゆい原因」と言っても、このようにいくつかの症状があります。

スポンサーリンク

当てはまりそうな原因はありましたか?


「掌蹠膿疱症」では友人もそうなんですが、銀歯が悪さしていたりするんですよ。
お友達はひどいアトピー性皮膚炎だったんだけど、銀歯を抜いたらお顔がとっても明るくなってきれいな肌になっていて正直ビックリしました。

手がかゆいのはストレスによるもの?

ストレスと手のかゆみ

最近では、手がかゆいのはストレスと関係があるように言われるようになりました。

自分でも知らないうちに、強いストレスを感じていて免疫力が落ちたところに外部から菌をもらってしまう。

ストレス感じて体が不調になり、寝不足が続いたりして疲れなども抜けていない。
そんな状態が続いた時に皮膚に湿疹ができてきたリ、かゆみがピークになったりすることもあるんですね。

強いストレスを感じた状態がつづくと手のかゆみが収まるのにも長引く可能性もでてきます。

なるべくならストレスをためこまず、疲れもとってリラックスした状態だと皮膚の治りも早いと思うんですけどね・・
なかなか・・


私の手のひらの荒れも繰り返してばかりで皮も向けて皮膚もさけてで、痛みもあるんですけど、私がいつも考えていた原因は「寝不足」なのじゃないかなって。

手がかゆくてかゆくて仕方がないってなった頃を思い出しても「寝不足」の毎日だったんですね。
疲れもとれなくて毎日をばたついて過ごしていました。

少しゆとりを持つと「手のかゆみ」も落ち着く気がします。

手がかゆいのは薬は何をつかう?

手がかゆい原因とストレスについては分かったけど、じゃあ、どうしたら治るの?と。

そうですよね、とにかくツライから1日も早く治して普段通りに炊事洗濯もしたいですよね。

いくつかお薬がありますけど、まずは私が皮膚科からもらってきたお薬について。

手荒れ、それもヒドイ手荒れ、湿疹ですから「ステロイド剤」が処方されました。
「デルモベート軟膏」と言って、強いステロイド剤です。

あまりにひどい時は、このお薬を塗ることで治りを早くするんですけど、私もステロイド剤は副作用など心配なので極力使わないようにしています。

代わりに何を使っているかというと、保湿剤も一緒にもらってきているので「アセチート」という保湿剤を1日に何回も塗ることで手をバリアしています。

今は、市販のお薬でもいいのがあるみたいなので、今度はそれを使ってみて様子をみようと思っています。

使ったら「つかってみてどうだったか」を報告しますね^^

「デルモベート」と保湿剤で何とかキレイに手はなってきました。
ただ、油断は禁物で気を抜かないようにしていこうと思ってますよ。

手荒れ、スッキリと治ってほしいですけれど、子育て真っ最中だとそうも言えなくて。

手を酷使しますからね(^^;

お薬を使って上手につきあっていこうと思います。

さいごに

「あれ?いつものかゆみとちょっと違うぞ?収まらない・・」なんて時には立ち止まってよく考えてみてくださいね。

自分の体からサインが出ていないか?
疲れていないか?ストレスは感じているか?

ストレスとか全くの0にはできないかもだけど、「手のかゆみ」少しでも収まりますように・・・・

この記事を読まれた方はこちらの記事も読んでいます
ストレスの解消にはセロトニン!効果は?簡単すぎる食事メニュー

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ