鼻づまりの解消法で寝る時の子供を今すぐ簡単に楽にする方法!


鼻づまり・・・ツライですよね。

私もだけど、うちの長男もひどい鼻づまりで(-_-)

特に夜がひどくなるんですよね。

寝かしつけようとすると、ツラそうにズビズビと・・・

アレルギーもあるのでヒドイと薬に頼る時期もありますが、いつもいつもお薬漬けにするのも嫌だったのでいろいろと鼻づまりを解消するために試してきました。

個人差はあるでしょうけど、その中でも簡単ですぐに効果があらわれてくれて長男がスーーっと眠りにつけた解消法をご紹介しようと思います。

スポンサーリンク
  

鼻づまりの解消方法で寝る時にすること!

今は小学生になったけど、アレルギー持ちということもあって2、3歳のころから寝かしつけようと寝床に行くとやたらとズビズビ~ズビズビ~となる我が家の長男。

見ているのもツラくなるくらい鼻詰まりがひどいことがよくありました。


基本的に、うちの長男はいくつになっても鼻をかむのが下手っくそなんですね。

地元でも腕がいい(周りのじいちゃんたちが言うには)と評判の耳鼻科に通い、そこの先生はとにかく誰にでも「まずはきちんと鼻をかめ」と言う先生で。

薬だ何だよりも、とにかく「鼻を思いっきりかめるようになれ」と患者に言うのが口癖です。


わたしも2歳の頃から長男に「鼻をかむ」練習をさせてきました。


・・・・・・が!!!

本当にへったくそで(-_-;)

「ピー、ピピィィ」しか言わない。

なんじゃ、われそれはーー(`△´#)
もっと気合いれろーー!
気合いをいれて鼻をかめーーー!!!


と、何度となく言ってきたけど小学生になっても3人弟妹の中で一番いまだにヘタなんですね、鼻をかむのが。

あとから気付いたのは、弟と妹は1歳でまともに上手に鼻をかめるようになっていたので、いかに長男が下手でやる気がなかったかと言うのが分かります。


で、やっぱり大事なんです。
「鼻をかむ」ということ。

普通に両手で「ちーーん」とかめること。

片方の小鼻を抑えて片方づつ鼻をかむとかでなくて大丈夫。

両手で「ちーん」。

これが一番大事だと耳鼻科の先生は言ってました。


だから、私も夜寝る前には必ず3回は「ちーーん」と鼻をかませてから寝床にいくように心がけました。

鼻づまりを解消するためには「夜、寝る前には鼻をかむこと」

まずは、ここからです!

鼻づまりの解消方法で子供も今すぐスッキリ!

鼻をかんだ後は、スッキリ眠らせてあげたいですよね。

わが家で試してみて効果が高かったことはですね。



1、リップクリームのメンソレータムありますよね。

あのリップを、鼻と口の間のところにうす~く塗ってあげたんです。

「スースーする~」なんて言ってましたけど、そのうちに鼻づまりも解消されて眠りについてしまいます。
寝ている間も「ピィィ」とかって鼻から音はしますけどね、大丈夫!

肌の弱い子は少し荒れてしまうかもしれないので、最初にお試しになる時はうす~く塗ってくださいね。



2、ヴィックスヴェポラッブを塗ってあげる

テレビでもお馴染みなのでよく知っていますよね

「テレビでやっているけど本当に効くのかな~」なんて思っていたけど
効果ありました♪

ポイントは寝る30分前に塗ってあげることですね。

匂いを嫌がるかもしれませんけど、塗って寝るとスッキリしたみたいでスヤスヤ寝てくれるんです。

これ、使えるのが生後6か月以降からなんですよね。
私、子供を3か月くらいで風邪をひかせちゃったときに買おうと思ったら、ダメだったんですよね。

でも、赤ちゃんで6か月前だと「鼻吸い器」でパパママががんばった方がいいと思います。

私は子供3人いて自分で鼻水を吸い取る「鼻吸い器」を使っていたんですけれど、上手にできないし、泣かれるし、鼻水がある音はするのに疲れて吸えないしで(^^;

なんども電動の方が絶対にラク!!と思ったんですけど、いつのまにか自分で鼻をかめるようにもなったので電動は使っていませんけど、お子さんの鼻詰まりを何とかしてあげたいのなら素直に電動をおすすめします。

本当、吸いたいのに疲れて吸えないのが悔しいんです(^^;

3、ヴィックスヴェポラッブはパパやママの手に塗っておいてもいいですね。

トントンされているうちに塗っておいたヴィックスヴェポラッブの効果でスヤスヤ寝てくれると思います。

スポンサーリンク

鼻づまりの解消法 今すぐ簡単にできること

お家で今すぐできる子供がスッキリ寝てくれる鼻づまり解消方法ですが、メンソレータムもヴィックスヴェポラッブもお家にないときの解消方法は?

前触れもなく、突然ヒドイ鼻詰まりがおこることありますよね。

そんな時に簡単にすぐできる鼻づまり解消方法を紹介しますね。



1、部屋の湿度をあげてみる

よくインフルエンザにかかった時などに湿度をあげるとウイルスが死ぬとかって言うけど、鼻づまりにも湿度管理は大切でした。

鼻の粘膜が乾くと鼻詰まりしやすくなります。

加湿器があればいいですけど、なくてもバスタオルを濡らして脱水を1分にしてハンガーにかけておけば十分湿度は保たれます。


2、マクラの位置を高くする。

または、上半身を高くするんです。

マクラは高めのものと交換したり、背中の後ろにクッションをおいてあげて少し体を起こした状態で寝られるように工夫してあげてください。

少しずつ鼻詰まりが解消されていきます。


3、ホッとタオルで鼻の筋を温める。

ちょうど目の下あたりのスッと伸びた筋のところですね。

この辺りを濡らしたハンカチやミニタオルをレンジでチン(20秒くらい)して当ててみてください。

私もよくやるんですが、ス~っとしてきます。

「蒸しタオルで鼻を温める」

もしかしたら一番効果的かも♪

さいごに

いくつか鼻詰まりの解消方法をご紹介してきました。

どれも簡単なものばかりです。

子供にしてあげられることとして書いてますけど、私もツライ時はやっています(^-^;

親子でズビズビ~と嫌になりますがアレルギーとかは仕方ないですものね
上手に付き合っていかなくちゃです(>_<) お子さん、少しでも楽になってグッスリと眠れるようになるといいですね。 お大事にされてください。

スポンサーリンク

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ