水いぼの治療子供はどんなことするの?痛い?痛くない?治療期間は?


水いぼの治療って子どもにはどんなことをするのでしょうか?

痛いものなのか?痛くなく簡単に治るものなのか?

今日はわが家の子どもたちが水いぼになってしまった時の体験から子供が水いぼの治療をする時に気を付けたいことなどもお話ししていこうと思います♪

スポンサーリンク
  

水いぼの治療は子供の場合はどんなことをするの?

水いぼ、子どもの体に透明な小さい水泡を見つけた時は要注意です。
かゆいからと掻きむしってしまっては瞬く間に水泡が増えてしまい大変なのでくれぐれも気を付けてさいね!!

この小さな水泡が水いぼらしいと気づいたら・・気になるのが治療方法ですよね。

このまま放置していていいものなのか?水いぼをとるにはどんな方法があるのか?
気になりだしたらいてもたってもいられないと思います。

実は、水いぼの治療って診てくれる医者によって治療方法がぜんぜん違うものなんですよ・・

わが家の地域の皮膚科のお医者さまたちの話ですけれどね、
・ある医者は「自然に治るものだから放置します」といって治療も何もしない。

・ある医者は、乾燥肌だと水いぼがうつりやすいから「二週間くらい保湿剤を塗って様子を見て」と保湿剤を処方して様子をみる。ま、そして保湿剤が無意味となると「ピンセットで取りましょう」と言って麻酔も何もせずにピンセットでちゃちゃっと取っていく。
もちろん号泣する子供多数です(^^;

・また、ある医者は「麻酔して取る?麻酔なしでそのまま取ってしまう?」と聞いてくれて大体が麻酔テープを貼ってからピンセットで取ることを選ぶ。
と、これまた号泣する子供多数w

と、わが家が診てもらった3人の皮膚科医だけでも全くちがう治療法をしているんですよね。

で、まあ私の場合はママ友からそれぞれの皮膚科医での対応の違いを前もって話を聞いていたこともあって、子供の水いぼの状態や治療に耐えられるかどうかも考えたうえでこの3軒から選んで皮膚科へ行きました。

ちなみに水いぼは自然放置で治るっていうのも本当なんだけれどすぐに治るわけではなくて水いぼがキレイになくなるまで数か月はかかるって言われています。

で、ほとんどの親が悩むのが幼稚園や保育園でのプール、スイミングや学校の水泳の授業を受けるのに水いぼが見つかったりするから治療をどうするかってとこです。

子どもの事を思えば自然に治ってくれたらこれ幸いですけれど、でも水いぼがあるっていうだけでプール禁止の幼稚園、保育園多いですからね・・
自然治癒を待ってもいられないのが現実だと思います。

基本的に水いぼは空気感染とか水の中で感染するわけではないんですよ、実際にはタオルなどの共同で使ったものに水いぼのウイルスがついてそこから感染してしまうんです。

だから医者によってはプールを禁止にしている人は少ないっていうのもあるんだけれど、小学校や幼稚園や保育園はそうではなくて「水いぼがあると水泳授業は禁止」だったりするんですよね。
うちの地域の小学校や幼稚園はそんな感じですね。

水いぼでプールは入れないの?小学校や保育園、幼稚園では?

だから余計と水いぼの治療については悩むところなんですよね・・。

こんな風に子どもの水いぼの治療についてはいろいろなパターンがあるみたいで皮膚科医の方針によってそれぞれ診てもらう病院によってちがいます。
どんな治療で治したいのかは子どもと相談して診てもらいたい医者を選ぶことをおすすめします♪

じゃあ、実際に子どもにとって水いぼの治療は痛いのか?痛くないのか?

水いぼの治療は痛い?痛くない?子どもは耐えられる?

わが家の体験からいうと、兄弟間で感染してそれぞれで症状も少しちがっていたので治るまでにあれやこれやしました。

まずは長男が2年生の時に最初に感染してきたんですけど、水いぼがわきの下にできているのに気づくのがおそかったせいか既に10個以上の水いぼができていました。

私も小学生の時に水いぼができて私はピンセットでじかに取る方法しかなくてビビりながらも頑張ったのですが治りは早くて数日でキレイになりました。

で、長男の場合は泣いたりわめいたりもそんなにはせずに泣きながらもサクッとできるような子供だったので「その場でピンセットで取る」という選択をしてみました。

結果オーライでプチプチとあっという間に取ってもらって保湿剤と抗菌剤を塗ってもらいその日は終わりました。

当時7歳の長男は「チクっとしたけど痛くない」と言っていましたね。

この時はベッドに横にならないで長男が立ったままがいいってことで立ったままピンセットで水いぼを取ってもらっていたんだけれどそれも良かったのかもしれません。

そのあとに違う皮膚科で麻酔テープありでも水いぼを取ってもらったんだけど、その時はベッドに横になって取ったせいか麻酔テープ貼ってからだったのにすっごく痛そうで泣いていましたから(^^;

スポンサーリンク

水いぼの治療は痛いか?痛くないか?って聞かれたら・・そりゃ痛いと思うって答えちゃうけれど、うちの長男みたいに麻酔なしでも痛くないって子供がいるのも事実です。

では、何故その長男が皮膚科を変更してまで水いぼの完治まで時間がかかったかと言うと、麻酔なしの最初の皮膚科では二回ほど麻酔なしピンセットで水いぼを取ったんだけれど、二週間くらいでまた10個くらい水いぼが出来てきちゃったんですよ。

二回めの治療の後にまたスゴイ数の水いぼができてきちゃって、さすがに可哀相で・・その皮膚科の医者もチャチャっと取っていく先生でたぶん取り残しもあったんでしょうね。
だから、麻酔なしで取るにはちょっと水いぼの数も多かったので思い切って病院を変えたんです。

で、次に行ったのが麻酔テープを使って水いぼの治療をしてくれる皮膚科でした。

ここでの治療は、長男の場合は麻酔テープありでも痛かったらしく涙していましたが2回通ったら左腹に無数にあった水いぼでしたがキレイに治ってくれました。
これは嬉しかったですね♪

長男は麻酔テープを貼った後にピンセットで取る治療は「痛いからやだ」って言ってましたけれど、次の年に次男が水いぼに感染してこの皮膚科に行ったときは「ぜんぜん痛くない」と言っていたので人によるのか?麻酔テープの効果が違うのか?って感じでしたが、痛くない水いぼの治療をするならば絶対に「麻酔テープを貼ってから水いぼを取る」治療をしてくれる皮膚科の方がいいですよ!!

行こうとしている皮膚科がどんな方法で水いぼの治療をしてくれるのか分からないって時には普通に受付に電話をして聞いてみることです!

「子供に水いぼらしいものができているけれど治療はどんな方法ですか?」と!

要は麻酔テープを使うか?使わないか?だけでも確認しておくといいと思います。

でも、最初にかかった医者も次の医者も言っていたのは「子どもはみんな水いぼを取るとなるとものすごいことになってしまう」と口をそろえて言っていました(^^;

麻酔テープを使っていてもピンセットで取るってだけでビビッてしまって大騒ぎだと・・。うちの子供たちは2年生だったけれど、「2年生で泣かないなんてありえないかも」と言われていました。

高学年でもものすごいって言っていましたので子供の気持ちを考えたらツライところですよね・・そういう私も4年生で水いぼを取ったときは泣き叫んだ記憶があります(子供には言ってないけれど・笑)

でも、そのくらい皆がみんな泣き叫ぶほどの治療なんだと思っていれば子供が泣いたとしてもお母さんも慌てないですみそうですよね。

看護師さんとか医者の方がきっと泣き叫ぶ子供には慣れているでしょうからね♪

子供の水いぼの治療期間はどのくらい?

子供の水いぼの治療期間、実際にはどのくらいで治るものでしょうか?

できてしまった水いぼの数が少なければ1回の診察でキレイになくなると思いますよ!

でも、うちの子供たちみたいに取った後でまた出来てくる。とか、取ったけれど二週間くらいで1つ2つポツポツとまた出てきちゃうとか・・・

ながらくスッキリしない状態が続く場合もありますよね。

わが家は長男の場合は体にできた水いぼが10個くらいの時に2回は麻酔なしで取ってもらったけれど、そこから爆発的に増えてしまって麻酔テープを使ってからピンセットで取ってもらえる皮膚科に変更した後は通うこと1~2か月。

この1回水いぼを取った後の間隔としては2週間はあけてからの受診だったけれど、やっぱり次の受診までに少し増えてきちゃいましたね。
取った後に水いぼが出てきているとガッカリしましたけどね、まあ仕方ない。

多分なのですが・・うちの長男の場合は汗をかいて脇の下とかを掻きむしっていたせいで水いぼが再度増えてしまっていたのかなって思いました。
ちょうどプールの授業が始まる前にキレイに治ってくれたのでよかったけれど、結局キレイに完治するまでには長くみても3~4か月はかかってましたね。

根気よく治すしかないのかもしれませんね。

そして、次男の場合はと言うと・・・またこれ違う治療法を試してみたのですがこっちは完治するまでに半年はかかりました。

が!!

次男の水いぼの治療法は痛い思いをしなくてよく、病院も行かなかったという^^水いぼの治療法としては一番楽な方法だったのではないかと思っています。

ただ、うちの場合は時間はかかってしまったんですけれどね。

ヨクイニンて聞いたことありますか?
このヨクイニンが水いぼのウイルスにとても効果があるらしくて次男はそのヨクイニンを摂取することで水いぼを完治させることができました。

この次男にできた水いぼがキレイに治ったヨクイニンについてはこちらの記事にまとめてありますので是非是非よんでみてくださいね♪
ヨクイニンて何なのか?どうやって治ったのか?痛くない方法で水いぼを治しました。
水いぼにヨクイニン子供でも使える市販の物と効果について 治るまでにどのくらい?

水いぼの治療方法や実際にわが家の子供たちの水いぼの体験談をお話してきましたが、とにかく!!言えることは!水いぼらしきものを見つけたら放っておかずに早めに処理することです!!!

治療が早ければ早いほど治る期間も短くて済むのは間違いないです!!

さいごに

もうね、水いぼを子どもの体に見つけちゃった時には残念極まりなくて親の方がへこんじゃうって感じなんですけれど、きちんと治しておくと再発はありませんね^^

大丈夫です!!!

あんなに悩んでいたのがウソのように治るときは治りますから!!

子どもの皮膚をケアしながらなので少し大変だけれど、必ずキレイになります♪

どうぞお大事にしてくださいね!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ