栃木1万人プールへはお得な割引券で入場しよう!飲食物の持ち込みはあり?


栃木県真岡市の井頭公園一万人プール。

毎年、カップルから学生グループ、小さい赤ちゃん連れのファミリーまで多くの人で楽しくにぎわっています♪

我が家も毎年遊びに行っています。

一万人プールということだけあって、一万人以上が遊びに来ても大丈夫!って感じで、とっても広くて開放的なプールです。

今日は、この一万人プールの入場券を1割~2割お安くGETできる情報とお金をかけずに1万人プールを楽しむ情報を我が家の体験談とともにお話していこうと思います♪

夏休み、楽しい思い出作りにあっちもこっちもお出かけしたいですもんね。

お財布にやさしく1万人プールを楽しみましょう~^^

スポンサーリンク
  

1万人プールの入場券はお得な前売り割引券を使おう!!

栃木県真岡市 
井頭公園一万人プール

【オープン期間】
2018年7月13日(金)~9月2日(日)まで

【時間】
9:00~17:00(入場は16:00まで)

【入場料金(個人)】
おとな      1,130円
高校生      920円
小中学生     410円
幼児(3歳以上 ) 200円
シニア(65歳以上)510円


【入場料金(団体20名以上)】
おとな      900円
高校生      740円
小中学生     330円
幼児(3歳以上 ) 160円
シニア(65歳以上)410円
※中学生、高校生は学生証。シニアは年齢の確認できるものが必要です。

と、まあ基本的な情報はこんな感じなのですが。


少しでもお安く遊びに行きたいですよね(^^;

家族(子供)が多いと入場券だけでもバカになりません。

そこで、この一万人プールは毎年前売りの入場券を発売しているんです。

プールがオープンする前日までは2割引きの入場券を発売。

プールがオープンした後、8月上旬あたりまでは1割引きの入場券の発売。

気を付けたいのは、割引きクーポンなどではなくて入場券を発売しているってこと。

前売り割引入場券を購入することになるので、「行けなくなった」とか「行こうと思っていたらプールが終わっちゃった~」なんてことになると、もったいないのです。


私も、毎年この前売り割引き入場券を早めに購入して遊びに行くんですけれど、2016年はお天気が悪かったり、用事があったりでなかなか行くことが出来ずにいて。
結局は最終日の8/31に無理やり遊びに行くことになって・・・・

しかも、遊びに行った最終日は「半額デー」とかで通常よりも安く入場できる日だったようで、すごーーーく損した気分に。
いや、ガッツリと損したんですけどね(笑)

そんな経験から「今年は早めに行くことにしよう!!」と心にだけは誓っているのですが・・・うまくいくかな(^^;


その前売り割引き入場券。

発売しているのは

・セブンイレブン
・ローソン
・ファミリーマート
・サークルK
・サンクス
・ミニストップの6カ所のコンビニ店舗

JTB
セブンチケット
ローソンチケット
CNプレイガイド

こちらだとインターネットで予約や検索ができます。
CNプレイガイドは手数料がかかるみたいですね。

私はセブンイレブンでいつも購入しています。
電子端末機で購入するようなので、分からない時は店員さんに聞くと丁寧に教えてくれます。

一万人プールコンビニ前売り料金

販売期間
2割引き券:2018年6月1日~7月12日
1割引き券:2018年7月13日~8月10日

8月11日以降は、通常料金での販売となります。

おとな      900円
高校生      740円
小中学生     330円
幼児(3歳以上 ) 160円
シニア(65歳以上)410円
2割引きの料金です


おとな      1020円
高校生      830円
小中学生     370円
幼児(3歳以上 ) 180円
シニア(65歳以上)460円
1割引きの料金です

井頭公園一万人プール公式サイトでも詳細がありますのでご確認ください。


一万人プール、私は8月の平日に行くことが多いのですけど、平日なせいか混雑はそれほどでもありません。
でも、夏休みなので「平日だからガラガラ」というわけではなく、それなりに人出はあります。

週末やお盆休みだとそれなりには混雑するようです。

友人はお盆休みに行ったことがあり、混雑はしているけど規模の大きなプールだから気になるほどではなかった。
と、言っていました。

毎年の状況で変わってくると思いますが、週末やお盆休みにいかれる方は混雑は覚悟したほうがいいかもしれませんね。

一万人プールでの荷物置き場、場所取りは?

屋根付きの荷物置き場もありますが、ここは早い段階で場所が埋まります。
建物の日陰部分も埋まるのは早いので、テントを持たないで行く方は早めに入場されるのがいいと思います。

うちの場合は入場してすぐのところの芝生に簡易テントをたてて休憩するようにしています。
波のプールの目の前です。

おトイレも数カ所ありますし売店もあります。

全体的に、場所をどこに取ってもそれほど不便ではないとは思いますが、日差しをよけるものがあるかないかで快適度はちがってくると思います。

赤ちゃんがいても楽しめる??

赤ちゃんとかいると、テントがあってお昼寝とかできる方が便利ですね。
ベビーカーも入場OKなのでベビーカーで日よけして眠るのもいいかも。

ロッカーには授乳できる場所やおむつ替えスペースもあります。
私はテントの中で授乳していたので、テントは中を隠せるタイプの物を使っています。

オムツがはずれていないお子さんでも水遊び用のオムツをはかせて、その上に水着を着せていればプールは入れます。
腰がすわったくらいの1歳くらいの赤ちゃんだと流れるプールとかで大人と一緒に楽しめますね^^

もちろん幼児用のプールもあります。

ロッカーにはお湯の出るシャワーもあるので、冷えた体を温めることもできます。
日差しが強いと暑くてかわいそうなので、ラッシュガードや帽子、日焼け止めなど特に気を付けてあげてくださいね。

一万人プール、持っていくと便利なものは??

我が家の経験からになりますが、テントは必需品です。
タープや4本足のテントは決められた場所にしか立てられなかったと思います。
簡易テントが便利かなと思います。

パラソルは、地面に差し込むのが禁止のせいか私が行ったときには使っている人は見かけませんでした。


浮き輪は貸し出しはしていなく、購入です。
しかも高かった・・・。
持っていきましょう。浮き輪の空気入れもあります。

貸しボートはレンタルありました。1時間だったかな・・・500円くらいで良心的なお値段でした。借りている人も多いです。


レジャーシート
日差しが弱いとテントから出て座っているほうが風もあって気持ち良いですね。日焼けはしますが(汗



それと、浮き輪やレジャーシートにテントにお昼ごはんと荷物が多くかさばるので我が家はワゴンに乗せて駐車場から移動しています。
初めて行ったときは手にいっぱいの荷物と、ベビーカーも押してあくせくしていたんですけど現地でこのワゴンに荷物とチビッ子まで載せている家族をみかけて「おお~これは便利~」と。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【スマホでP最大19倍】Coleman[コールマン] ワゴン アウトドアCM 2…
価格:10555円(税込、送料別) (2018/5/30時点)

いまではどこに遊びに行くのにも必需品です。子どもの運動会の荷物を運ぶのにも便利で使っている家庭は多かったです。
一年中ずっと運動会や運動公園に遊びに行くのに活躍中の優秀なワゴンです。

1万人プールは飲食物の持ち込みはあり?なし?

1万人プール、食べ物関係もリーズナブルで種類も多いです。

アメリカンドッグやフランクフルトの軽食からかつ丼、うどん、カレーなどガッツリごはん系まで。
メニューについては1万人プール公式サイトにのっています!

購入してもお値段は財布に優しいです。


でも!!
私が一万人プールをおすすめする理由のうち気に入っているのは飲食物の持ち込みがOKなところ!!

お昼ご飯を持ち込んでいる家族連れはたくさんいます。

もちろん我が家もクーラーボックスに飲み物、おやつ、おにぎり、果物としっかり持って行きます。
だから荷物も多いんだけど・・・

うちの小学男子たちは、おにぎりだけでは足らずに売店でカップラーメンを買って暑い中美味しそうに食べていました(^^;
ちなみにカップ麺のお湯は購入したものにしか使わせてくれません。


以前に大子にある同じようなプールは持ち込み禁止で、売店で食べ物買うにしても何もなかった。とかも聞いたことあるので一万人プールはとても良心的かなと思います。


レストランが1か所とファーストフード系が2か所あり、売店がもう1カ所あったような・・・
昼時は混雑していますがうちが行ったときは回転も早かったですよ。

全部がぜんぶ持ち込むのは大変ですから足りないものは買って食べる!ってなると子供も喜ぶし、ふところもそんなに痛まないかな(^^;
食券を買うんですけど、混雑しているときは先に食券を買っておくのもいいですね。

スポンサーリンク

1万人プールへのアクセス情報と駐車場事情

高速道路を使えば都心方面からでも行きやすくなった一万人プール。

小さいお子さん連れのファミリーは荷物も多くなるから車の方がいいですよね。

気になる駐車場ですが、料金かかります。

駐車料金
大型バス     1540円
マイクロバス   1020円
普通自動車    510円
バイク      200円

プール前の駐車場が満車になると少し離れた場所に駐車するように言われて歩くことにもなります。
早めに到着できるようにするのがいいと思いますよ。


アクセス方法は
・北関東自動車道 真岡ICから約8分
高速出口から近くて便利なんですけど、到着までの道のりにはコンビニは見つかりませんでした(帰りに判明したんですけど、プール周辺にはありました)
コンビニで何か調達される予定の場合は早めに買っておいた方がスムーズですね。

・東北自動車道、鹿沼ICよりさつきロード経由、約40分
・東北自動車道、矢板ICより約1時間

さいごに

一万人プール、いろんな種類のプールがあって、スライダーも追加料金なしで遊べて子供も大人も夢中で遊べるので私は大好きです。

居心地もいいんですよね。

カメラでの写真撮影(常識の範囲内)もできるので、思い出作りにママもギャルもみんな写真とって楽しんでいます。

お得な割引き入場券を持って、今年は井頭公園一万人プールに遊びに行ってみてください♪

参考までに・・・・

★夏休みにおすすめの真岡周辺の遊べるスポット★

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ