新盆の訪問はいつなのか香典の金額は親族だと?お供えのお菓子の種類は?


結婚して親族が増えることで冠婚葬祭の場に出ることも多くなりますね。


親族が亡くなって初めてのお盆「新盆の訪問」に行く場合はどのようにしたらいいのか?
いつの訪問が良いのか?
何を持っていけば良いのか?
夏休み中でちょうどお盆休みともかぶりますね。
予定を早めにたてておくためにもどうしたらいいのか考えておきましょう^^

スポンサーリンク
  

新盆の訪問はいつ行くのがいいのでしょうか。


まず、新盆というのは亡くなった方の49日法要が終わってから
次に迎える最初のお盆を初盆(はつぼん、ういぼん)または新盆(しんぼん、にいぼん、あらぼん)と呼ぶのだそうです。
地域によっても違いますが特に厚く供養する風習があるそうです


東京では新暦の7/13~7/16にお盆をむかえることが多いそうで、
東京在住の方は7/13~7/15までの間に新盆の訪問に行かれるのが一般的みたいですね。


北関東在住の私の地域では8月のお盆休みの時期の8/13~8/15までの間に訪問するのが一般的となっています。


一般的に8/13~8/15までの間に訪問するのだけど、
その中のいつに訪問すればいいのでしょうか・・・・


これには特に決まり事もないようで、この間であればどの日に伺っても
大丈夫なようです。


ただ、自分たちもお盆休みでどこか旅行に行くことを考えると
私ならば13日に訪問してしまいたいかなと思いますね(^^;


そして、食事時をはずしての訪問を考えると、午前中の訪問がいいのではないかなと思います。 
お線香をあげるだけでチャチャっと帰ってくるのもなんですけど、
実際に親戚側はひっきりなしにお客さんがくるのでお茶を出したり大変だと思います。
やはり30分くらいで切り上げておいとまするのがいいかもしれませんね。


時間については訪問先の都合もあるでしょうから確認をとるのが一番かと思います。


新盆はとにかく忙しいみたいで、前に友人のお母さまが亡くなった時に
訪問したことがありますが、お葬式の時よりも1日中忙しかったと友人が言っていたのを覚えています。


ちょうど他に来客がいなくて少し時間があるようでしたら
お話をしながらちょこっとお手伝いもできると助かるかもしれませんね^^

スポンサーリンク

新盆の香典の金額は親族の場合はいくら?


新盆のご家庭に訪問するときに包んでいくお香典。


はたして相場の金額はおいくらでしょう?


これに関しては改まった席でお食事をするような場合はまた別です。


今回はお線香をあげに訪問するだけなので、
金額的には5000円~10000円で大丈夫だと思います。


5000円の香典と3000円くらいのお供え用のお菓子。


私だったら親族の新盆なのでこのくらいで包んでいこうと思います。


またとてもお世話になった叔母や叔父などの場合は
10000円とちょっとしたお菓子などと、金額も少し高めでもいいですね。


ちなみに不祝儀袋と呼ばれている香典袋ですが
表書きは「御佛前」で大丈夫かと思います。


香典袋には今回はご主人の名前をフルネームで書いて、
後ろに金額を記入。


住所を記入するところがあるかもしれませんが
すでに分かっていることですが記入しておいてください。


お金の入れ方については、顔が印刷されている側を後ろにして
(開けたときに見えないように)
新札ではないお札を入れてくださいね。


5000円札を1枚でも、1000円札を5枚でもどっちでも大丈夫です。


ただ、新札はやめましょう!!

新盆のお供えはお菓子でいいの?


お供え物、何をもっていけばいいのか悩みますね。


夏場なので、日持ちのするもの。


基本ですね。


お菓子でも生菓子などではないものがいいです。


亡くなった方が好きだったお菓子などが分かっていれば
そのお菓子を持っていくのもいいでしょう。


代表的なものとして・・


  • ゼリー、水ようかん
  • お饅頭、最中
  • 缶ジュース、果物のジュース
  • 果物
このあたりでしょうか・・・


小分けにできるお菓子などでもいいですし
お子さんがいらっしゃる家庭ならばお子さんがあとで食べられるようなものでもいいですね。


お渡しするときに
「お子さんも後で食べられるかなと思いますので・・」
と付け加えてもいいですね^^

さいごに


親しい人や親族が亡くなった時、夏が来ると「新盆に行かなくては」と
よく私の親が言っていました。


まず「新盆に行ってから!!」
我が家はそこが優先で他の予定はあとからでした。


お葬式や四十九日の次に大事な儀式なんだなって思ったのを覚えています。


新盆、お忘れにならないように訪問してくださいね^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ