はまぐりを子供も食べられて簡単に作れちゃうレシピのご紹介!!


潮干狩りで採ってきたはまぐり!


どうやって料理しようか頭を悩ませていませんか?


潮干狩りをしてきて砂抜きまでがんばって、ちょっと疲れてしまったお母さんもいるかな?


子供も食べられて簡単に料理できちゃうレシピをご紹介しますね^^


我が家の3年生と1年生の子供たちが喜んでパクつくメニューです。

スポンサーリンク

まずは定番のお吸い物。


これもすごく簡単な方法で作ります。


お鍋に水(800mlくらい適量で)をいれます。
はまぐりも多めにいれた方が美味しくできます。
水からはまぐりを入れて火にかけます。


沸騰してきてはまぐりのお口が開いてきたら白だしを入れて味をみます。
最後に塩で調節をして味がしっかりしたら出来上がり~!!
簡単すぎますね(^^;


貝の旨みがでてとっても美味しい潮汁になります。


2品目は、冷蔵庫に余り野菜とニンニクがあればシーフードアヒージョを作ります。


しめじ、アスパラ、玉ねぎなどあるといいですね。

お野菜は一口大に切って、ニンニクは2片くらいをスライスしておきます。


ニンニクとオリーブオイル(多めに大さじ3~4くらいかな)をフライパンにいれて、
香りがでるまでじっくりと火にかけます。

香りがしてきたら、次にお野菜をいれて弱火でコトコト。。。。


だいたい火が通ってきたら貝を投入!

はまぐりのお口が開き始めたら塩を少々で味の調節します。
貝達のお口が全部開いたら出来上がりです。


野菜の旨みとハマグリの旨みがオイルにうつっていい~香りです。
うちの子供たちはこのオイルにパンをつけて食べるのが大好きです^^


お酒にもよく合うおつまみですが子供たちはお野菜もたくさん食べてくれるので
一石二鳥です!


3品目はただただ貝をフライパンで焼くだけのすごく簡単な焼きはまぐりです!


フライパンに、フライパンの大きさに合うようにアルミホイルをしきます。
その上に貝達を並べます。
中火強くらいで火加減をみながら貝が全部開くのを待ちます!

貝が開いてきたらお酒(小さじ1/2)醤油(大さじ1.5)を混ぜてから1個ずつ貝に垂らしたら出来上がりです^^

簡単だけど美味しいです。


以上、3つのお料理をご紹介しましたがどれも簡単にできちゃうので
ぜひ作ってみてくださいね^^
潮汁
シーフードアヒージョ
焼きはまぐり



我が家の子供たちはこの中で言うと「焼きはまぐり」が一番人気でアッという間になくなってしまいます(^^;


新鮮なハマグリは何を作っても美味しいですね。
スポンサーリンク


これからの季節、親子で潮干狩りにでかけて新鮮なハマグリをGETしてきてくださいね^^


潮の引き具合などをきちんと調べていくと
いつもよりもたくさんハマグリが採れるかもしれませんね^^


よかったらこちらの記事も参考にしてください。
↓↓
潮干狩りいつ行けばいいの?潮見表って?見方はどうするの?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ