5月の紫外線が強いその理由とは?この時間は気を付けて対策をしよう


5月は年間を通しても紫外線が強い季節だということを
知っていますよね?
では、なぜそう言われるのか?
調べてみるとコワーイ現実が(^^;


紫外線の強い時間やおすすめの対策もご紹介します!


今年からはしっかりと対策をして準備万端にして
お出かけしてくださいね^^

スポンサーリンク

5月の紫外線が強いと言われるのにはこんな理由が・・・


まずは、どうして5月の紫外線が強いのかということを
簡単にみていきましょう。


紫外線は、UV-A、UV-B、UV-Cいう波長によって
3種類に分けられています。


UV-A(長波長紫外線)
UV-B(中波長紫外線)
UV-C(短波長紫外線)




このうち
地上に到着できるのはUV-A、UV-Bの2種類
です。


UV-A、こちらが波長が長く、
天候に左右されず年間を通して地表へ到達するのが特徴

「生活紫外線」と呼ばれていて


5月はこの「生活紫外線」が強いようです。


冬に比べると5月からどんどん紫外線量が増えていくのですね。


このUV-Aはシミ、しわ、たるみといった肌の老化の原因となります・・・
イヤですねーー(^^;


なんと!!
肌の奥までしっかりと届いてきてしまうんですよ~
コワーイです。
肌の奥までとか気にしたことなかったですけど
体の奥まで紫外線にやられちまってるってことですからね・・。


表面が日焼けしているのは赤くなるし、黒くなってしまうから分かるけれど
なかなか「体の中が紫外線にやられちまっている」とは
思わないですよ~


改めて知るとハッとさせられますね。


5月の紫外線は油断大敵で気を付けないとです。

スポンサーリンク

5月の紫外線、いつの時間に一番気を付けるべき???


夏の暑い時期だと日焼けに気を付けるのは朝からすでに!
ってなると思います。


では、5月のレジャーでは何時くらいから
気を付ければいいのでしょうか?


絶対に気を付けてほしい時間帯は11時~14時です


この時間帯に海でのレジャーに出かける人も多いですよね。


私も行くとなったらこの時間が最適です(^^;


5月だというのに2時間くらい潮干狩りしていたら
けっこう焼けてしまいます(;_:)


ちょうど朝からお出かけされていたら
日焼け止めも塗りなおした方がいい時間かもしれません。


面倒ですがこの時間だけはきちんと日焼け対策を
されておいてください^^


運動会、遠足、キャンプ、いろいろと外にいる時間がグンと増えますからね、5月は。

5月の紫外線の対策は何がおすすめ?

5月はPAの数値が高いグッズ
(日焼け止めクリーム・スプレー、日傘、帽子、サングラス)を選ぶのがいいです。


サングラスは薄い色の方がいいです。


濃い色→瞳孔が開きやすく紫外線の影響をうけやすい。
薄い色→瞳孔が開かないので紫外線が入ってきても奥まで届きにくい。


目の中も紫外線にやられちまわないように濃い色のサングラスですよ!!


帽子はご存知のように広ーい女優帽のようなツバのほうがいいですね。


日焼け止め、もうこれは鉄板ですが。
お出かけする30分前に塗るのが効果的です。


5月の紫外線対策には「PA+」「PA++」くらいで大丈夫。


塗り方は大丈夫ですか?
ムラなく、しっかりと塗る方法を知りたい方はこちらを読んできてね♪
↓↓↓
日焼け止めの顔の正しい塗り方と50代と若い人との塗るコツの違いは?

他にもスカーフやラッシュガード、UV効果のあるはおり物とか。


意外とビックリしたのがこれ。

今は「飲む日焼け止め」があるんですね~

私は試してないんですけど
24時間効果が持続とは良いなあ~

この夏はこれを試してみようかと思っています( ̄ー ̄)ニヤリ

さいごに

これからの季節は海のレジャーにお出かけすることも多くなると思います。


帰ってきてから「や、焼けているーーーー( ;∀;)」
ならないようにバッチリ準備してお出かけしてくださいね~

  

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ